Home > 作品集(一戸建て住宅の実例) > ハウス・ハックルベリーフィン(House Huckleberry Finn)

ハウス・ハックルベリーフィン(House Huckleberry Finn)

top-living 家族構成
夫婦(30代)
場所・周囲環境
東京都・小金井市・公園に面する住宅地
法的条件
第一種低層住居専用地域・防火指定なし
BADなこと
とても小さな敷地
GOODなこと
南側に公園。大きなヤマザクラとイロハモミジの木。

予定の建物
木造2階建て
ロフト・ウッドデッキ・土間
コンセプト
「小さいこと」をポジティブに!
「ハックルベリー・フィン」
セルフビルドもあり



小さな家の大きなリビングルーム
敷地南側にはパブリックな公園。
ちょうど正面には、大きなヤマザクラやイロハモミジの樹木が何本か植えられています。

この良好な環境をいかすために、2階はすべて間仕切のない大きなリビングルームに。
個室、浴室やトイレ、収納などをはすべて1階にコンパクトにまとめました。

リビングルーム南側の天井いっぱいの大きな窓は、公園の緑を見事に借景し、爽やかな風と光を室内にやさしく取り込んでくれます。


「ハックルベリー・フィン」
「ハックルベリー・フィン」は、住み手の「冒険心」を表すテーマです。
住み手は「家」とともに、住み方を工夫しながらライフスタイル(=人生)を作り上げていきます。

2階:骨組みがむき出しになったインテリア。
将来、個室が必要になったとき、その骨組みを利用して個室やロフトを増築することが可能となっています。

1階:大きな土間。
趣味を楽しむ場所。または、小さな落ち着いたリビングスペースとして。
この場所は、使い方自由の空間なのです。
そして「土間」は、住み心地をととのえる「環境制御装置」でもあります。
夏はヒンヤリした涼しい風をつくりだし家全体を涼しくして、冬は土間床をガスヒーターなどで蓄熱すれば家全体を暖めることができます。

top-woodside
top-whiteside
top_doma02


外観1(エントランス側)
北側道路から。小さな敷地を厳密に検討された寸法でデザイン。ガルバリウム鋼板の外壁。ランダム配置の横長窓は、最適化された通風を得るために。玄関入口ワイルドでシャープな鉄板の庇。亜鉛メッキ。杉板で作ったドア。鉄板製のハンドルと、ドアホンカバー兼ネームプレート。玄関ドアをあけて、土間を見る。

外観2(公園側)
公園側ファサード公園側は、自然素材を中心にしてデザイン。塀は、施主のセルフビルド。1階寝室のプライバシーを守る格子戸(横引き)と、開放的な2階の大きな窓。ウッドデッキは、施主のセルフビルド。カラマツ足場板のバルコニーと、水道管をつかった物干竿。ローコストでワイルドなデザイン。公園からの夕景。カーテンをすべて開放した状態で撮影しました。

土間、階段、プチ庭
玄関から土間へ。やわらかな風と光が通り抜ける空間。奥の右側が寝室。土間の奥から、玄関側を振り返る。玄関入口すぐ横に置かれた洗濯機は違和感がない。階段ディテール。構造用カラマツLVL合板の片持ち構造。手摺は、鉄パイプの黒皮仕上。白い壁は施主によるセルフ塗装。庭側の格子戸をしめた状態。セルフ塗装の白い壁に光が流れる。天井には着脱式の物干し。土間を抜けたところに、ウッドデッキのある小さな庭。

リビングルーム
リビングルーム。ど真ん中をつらぬく「柱」と「梁」20畳ほど天井の高いリビングルーム。いろいろな場所、いろいろな使い方。1階からの階段部分。手摺に電気系のスイッチを配置。公園側の大きな窓。ローコストな既成アルミサッシを使いつつ、「特別な窓」にデザインしました。壁の横長の木の板は、エアコンカバー

屋根(天井)の勾配をいかしたインテリア。遠近感をつかって、実際よりも広く感じさせる。キッチンごしの高い位置からの撮影。明るくて、広々とした自由な空間。

リビングルーム上部(ロフト)
ロフトから、公園を見下ろす。ロフトスペース。男の場所。手摺と梯子は鉄製。リビングルームを見下ろす。

照明、光
寝室。土間側の建具を開けた状態。土間と寝室の関係。小さな限られた面積の中での、ムダのないプランニング。洗面室。照明器具と収納棚は、ローコストでデザインされた現場制作品。引越し直前。照明のテストをする施主ご夫婦。2階リビングの照明器具。天井に光をバウンドさせて間接照明に。聡明ファニチャー。くつろぐためのベンチ、本棚、ディスプレイ台として。

セルフビルド
セルフビルド。壁の塗装作業1セルフビルド。壁の塗装作業2ウッドデッキ・セルフビルド製作


関連ブログ

>>仮称・環境モジュールproject
>>House Huckleberry Finn
>>テーマの発見「2階のワンルーム・リビング & 広めの土間」
>>カフェスローにて打合せ。店内のいろんなことがネタになります。
>>施主施工スタート。ポータズペイントでメイン壁を塗装。
>>コンパクトな2階リビングの建物。耐震性能。
>>夏、男たちのセルフビルド、House Huckleberry Finn。
>>コンパクトな2階リビングの建物。耐震性能。
>>小さな家に、大きなリビングルームをつくる。


建物概要

設計監理:加藤幸彦(エス)
施工:株式会社スリーエフ
竣工:2010年
設計期間:5.5ヶ月
施工期間:3.5ヶ月+セルフビルド

外装  / ガルバリウム鋼板(波板) 杉板張り (すべて防火構造)
内装  / ラワン合板ステイン塗装 施主セルフ塗装壁 杉板圧縮フローリング モルタル土間
設備  / パナソニック製キッチン ユニットバス 照明ファニチャー
窓まわり/ アルミサッシ タチカワ製バーチカルブラインド 木製格子戸 杉板ドア
外部  / ウッドデッキ 塀 コンクリート土間(すべてセルフビルド)


完成プラン(間取り)、工事費データなどは、直接お問い合せください。
Email:katou@sp-n.gr.jp(加藤幸彦・エス)



Home > 作品集(一戸建て住宅の実例) > ハウス・ハックルベリーフィン(House Huckleberry Finn)

インフォメーション
Feeds
関連サイト(更新情報)
Meta

Original Version
Copyright ©  2002--2010
KATOU YUKIHIKO + S,

(Squareicon for KZK.YAS)

Creative Commons License
http://open-g.net/press/ by KATOUYUKIHIKO is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.


www/sp-n/gr/jp

Return to page top