Home > 作品集(一戸建て住宅の実例) > 小鳥が自由に飛びまわる、大きなリビングルーム

小鳥が自由に飛びまわる、大きなリビングルーム

000_top 家族構成
夫婦(40〜50代) 子 小鳥たち
場所・周囲環境
千葉県・郊外住宅地
法的条件
第一種低層住居専用地域・防火地域指定なし・法22条区域
BADなこと
特になし(あえていえば西側道路/西日)
GOODなこと
エリア全体に緑地のネットワークが形成されていて、小動物生態系が緩やかに保持されている

予定の建物
木造2階建て+小鳥たちが訪れる自然のような庭、ピアノ設置あり
コンセプト
家族、小鳥、ピアノが一緒に暮らす、森のような家





2階リビングを中心とした、家族と小鳥たちのための住宅です。

いつか、
この家が全部、森のようになってしまう。

そんなことを考えながら、
家族の人たちとゆっくりと、確かめながらつくった作品です。

建物のまわりの樹木はまだ植えたばかりです。
これから、この場所は樹々に少しずつ包まれていき、
長い長い時間をかけて、原始のような風景に溶けていくのかもしれません。

>>すべての画像を見る

(写真をクリック)
(外観1) (外観2) (外観3) (外観4) (外観5) (外観6) (エントランス) (ホール1) (ホール〜個室) (個室〜ホール) (ホール〜階段) (ホール〜天井) (個室〜階段) (階段〜踊り場) (階段〜リビングへ) (リビング1) (リビング2) (大きなベランダ) (木製のサッシ) (吹抜けとの関係) (2階 個室) (キッチン) (洗面〜浴室) (浴室) (ベランダ〜庭) (庭〜外観) (庭〜外観) (夜景〜エントランス) (夜景〜外観1) (夜景〜外観2)


関連ブログ

>>いろんなものが溶け合って、いつしか「ほんとうの森」になっていく
>>天候によって微妙に板が形を変えている
>>群島。植木の街、八日市場を行く
>>森の中のような空調システム
>>建物の輪郭は 暗い夜空に少しだけ溶けていく
>>美しく、力強く、小鳥たちと、ピアノ


関連ページ:

>>小鳥が自由に飛びまわる、大きなリビングルーム(初期提案ラフプラン)
>>小鳥が自由に飛びまわる、大きなリビングルーム(どんでん返しラフプラン)
>>小鳥が自由に飛びまわる、大きなリビングルーム(いよいよ最終段階)


建物概要

設計監理:加藤幸彦(エス)
施工:株式会社スリーエフ
ランドスケープ:浦野テツヤ(デザインスタジオ カルノ)
竣工:2009年

外装 / 防火構造下地の上、レッドシダー羽目板(オスモカラー塗装) ガルバリウム鋼板サイディング
内装 / 国産杉板張り モイスボード素地仕上 タモ材フローリング(オスモカラー塗装) 大版タイル(イタリア製)
設備 / 特注キッチンカウンター ヒノキ風呂(製作:檜創建)
その他/ 木製特注サッシ(製作:森の窓) PS冷暖房システム 外構植栽工事


完成プラン(間取り)、工事費データなどは、直接お問い合せください。
Email:katou@sp-n.gr.jp(加藤幸彦・エス)



Home > 作品集(一戸建て住宅の実例) > 小鳥が自由に飛びまわる、大きなリビングルーム

インフォメーション
Feeds
関連サイト(更新情報)
Meta

Original Version
Copyright ©  2002--2010
KATOU YUKIHIKO + S,

(Squareicon for KZK.YAS)

Creative Commons License
http://open-g.net/press/ by KATOUYUKIHIKO is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.


www/sp-n/gr/jp

Return to page top